外壁塗装費用相場レスキュー隊

106万円も安くなった!管理人一家の外壁塗装の体験談は


外壁塗装,費用,業者,選び方,

ご存知ですか?
相見積もりを取らずに外壁塗装を発注すると必ず損をします!

管理人一家は、外壁塗装の見積もりをすることで
当初の価格より106万円も安く済みました。

その方法は…??!

≫106万円も安くなった!外壁塗装のオーダー方法とは?≪


良い外壁塗装業者の選び方 契約前にチェックするべきポイント

 

見積もりをお願いした後にも、よい塗装業者かどうかを見極めるポイントがあります。
チェックしておきたいポイントを紹介しますね。

 

外壁塗装,費用,業者,選び方,大切なのは「人」

外壁塗装,費用,業者,選び方,

担当者に好意を持てそうか

実はこれとても大切なポイントです。

 

担当者とは、この先のアフターケアまで含めて、とても長い付き合いになります。うまくコミュニケーションが取れる相手であれば、疑問や不安を尋ねやすく、安心です。

 

そして、その担当者が「塗装に詳しいか」
というのもチェックしておきたいポイント。

 

塗装工事が始まると、担当者が工事管理をする場合がほとんど。
契約内容をしっかりと塗装職人に伝えるのも、その担当者の大切な役割です。
塗装に詳しくない担当者だと、色々不安が残ってしまいますよね。

 

また、現地見積もりに、担当者と作業員が一緒に来ている会社は安心できる会社です。

 

まずは「人」をじっくり見極めてください。

 

 

外壁塗装,費用,業者,選び方,塗装業者の「創業年数」は?

会社の創業年数が、少なくとも5年以上、できれば10年以上の会社を選びましょう。

 

リサーチ会社の調査によりますと、会社が10年以内に倒産する確率は90%以上もあるそうです。
外壁塗装は、アフターフォローもとても大切です。
それなのに、塗装業者が倒産してしまっては…困ってしまいますよね。

 

また、個人でも簡単に開業できる業種でもありますので、
10年以上しっかりと経営をしてきている
「法人」の塗装業者を選ぶと、より安心です。

 

 

外壁塗装,費用,業者,選び方,塗装業の許可や職人の資格をチェックする

@会社に与えられる「国土交通大臣許可」と「知事許可」などの許認可
これらの許認可は、10年の工事実績が認められ、過去に不正や不誠実な工事がない業者に与えられます。
例)建設業許可(塗装工事)○○県知事許可(般-19)第●●●号

 

 

A塗装職人に与えられる「厚生労働大臣認定」や「一級塗装技能士」などの国家資格
この資格は、職人実務経験が7年以上なければ受験できません。

 

2つの許可と資格がある塗装業者を選ぶことをおススメします。

 

 

外壁塗装,費用,業者,選び方,届いた見積もりは「分かりやすい」?

外壁塗装,費用,業者,選び方,

見積もりのスタイルは塗装業者によって様々ですが、

内訳などが分かりやすく、明白であるかはとても大切です。

 

キャンペーンなどの
一式ばかりの見積もりは、問題外
必要な材料の準備や作業の段取り、工事の過程もいい加減な場合が多く、安く済んでも、手抜き工事だった…なんて失敗談も多く見られます。

 

こちらのページに、見積もりの見極めポイントをまとめていますのでよかったらご確認くださいね。

 

 

外壁塗装,費用,業者,選び方,保証やアフターケアはしっかりしている?

よい塗装業者は、保証書を発行したり、アフターケアまでしっかりとしています。

 

見積もりの時点でその説明がないのなら、保証やアフターケアがあるのか
ある場合は内容まで、必ず確認しておきましょう。

【無料】悪徳業者にだまされない! 外壁塗装の適正価格を知る方法は

インターネットの外壁塗装 無料見積もりサービスを使えば
あなたのご自宅の外壁塗装工事の適正価格

外壁塗装,費用,業者,選び方,

正確に知ることができます。

実は、当サイトの管理人一家も、この方法で
当初の外壁塗装見積もりより、106万円も安く、
しかも!質の高い施工を受けることができました!!


≫106万円も安くなった!外壁塗装の発注のコツとは?≪